通関士合格のための確認ポイント!

通関士に合格するためには、様々な要素が必要です。
そのポイントを下記にまとめました。
今までの復習も兼ねていますので、必ず確認して下さい。

●勉強時間最低350時間以上
●過去問で今年の出題傾向を分析する
●基礎知識は、テキストと基礎問題を解きながら勉強する
●弱点を作らないようにする
●過去問は何度も反復する
●法改正情報はチェックしとく
●隙間時間ができたら、勉強する
●関税法から勉強する

以上が通関士に合格するための確認ポイントです。

ただ、上記を見てもわかるように、対応するのが困難なことがあります。
例えば、「過去問で今年の出題傾向を分析する」「法改正情報はチェッくしとく」です。

簡単に過去問を分析するといっても、実際は多くの問題や様々な種類の問題が
あります。
それを分析するためには、全ての問題に対応できるだけの知識量と解答力が必要です。
決して出来ないことはありませんが、かなりの労力と時間がかかります。

また、法改正情報はインターネットを見ればわかりますが、
通関士の試験対策の情報ではないので、法律の専門用語が羅列され、
何のことだかわからないと思います。
そこから、さらに試験に出題されそうな問題を考えるのは容易なことではありません。

ですので、可能な限り通信講座か通学講座を受講して下さい。
上記のことを全て解決できます。

私も正直に言えば、独学で勉強して合格するのが理想だと思いますが、
現実的に難しいものがあります。

明日生活するだけの収入がないという方以外は、独学は避けるべきです。

通信講座なら、5万円以下で、講義が聞けて内容が充実しているものがありますし、
それで一発合格できる可能性があるなら安いものです。

合格するための最善の方法選択することが重要なのです。